諦めない探究心

越前打刃物の概要

人々の生活を陰で支えてきた打刃物職人たちの歴史は、絶ゆまぬ革新の連続でした。

刃物が直面する様々な目的に対して、率直に、純粋に、全霊を傾けて・・・。

使い手が違っても素材が変わっても、誰もが納得できるものをと、越前打刃物職人は、軽くて薄い、そして強くて永切れする刃物を誅求しています。それは、手におさめれば実感します。

歴史を積み重ねた伝統の技

越前打刃物700年の歴史

700年の伝統。それは一人の刀匠からはじまりました。 「越前打刃物」は、1337年(南北朝時代)京都の刀匠千代鶴国安が刀剣制作に適した地を求め、府中(現越前市)に来住し、そのかたわら近郷の農民のために鎌を作ったことから始まったといわれています。その後、江戸時代には福井藩の保護政策により、株仲間が組織され、その技術が受け継がれて発展してきました。販路も当初は、漆かき職人が漆かきのため全国に出かける時、刃物を売り歩いたことから始まり全国に及びました。現在の越前打刃物は、日本古来の火づくり鍛造技術、手仕上を守りながら、調理用の包丁、農業・園芸用の鎌、鉈(なた)、苅込はさみ、鍬(くわ)を主製品として造り続けています。

越前打刃物の歴史

越前打刃物の年表

本物の証

越前打刃物は、その歴史と技術が高く評価され、昭和54年に、刃物産地としては全国で最初に伝統的工芸品の指定を受けました。
時代の変化の中で暮らしに密着した生活用具へと、その優れた技術を転化し、身近な包丁などの調理用具類を中心に、農業、林業、園芸、漁業関連用品まで、その幅を広げています。このように越前打刃物は暮らしの中で、その用途に応じた機能性・形を追求し、より使いやすく、より美しくと進化を続けています。

伝統工芸マーク

独特の技法

本物の良さを見極める力、諦めない探究心が700年の伝統と磨きぬかれた匠の技を生み出してきました。

二枚広げ(包丁)

二枚広げ(包丁)

2枚重ねたまま裏と表からベルトハンマー(昔は大づち2人、小づち1人で打った)で打ち、2枚が同様に薄く延びるよう手早く作業する工程です。 これは、2枚重ねることによって厚みが倍になるため、ベルトハンマーでの圧縮力がよく働き、さらに温度が下がりにくくなり、製品の板むらが少なくなります。 越前打刃物の特徴です。

製造工程をみる

廻し鋼着け(鎌、苅込み鋏)

廻し鋼着け(鎌、苅込み鋏)

千代鶴国安が考案したと伝えられている鋼着けの方法です。 越前打刃物の鋼着けの鋼の置き方は、柾置法と呼ばれ、地鉄と鋼を鍛接した後、鋼の片隅から全体を菱形につぶす方法です。 鋼をより薄くすることができるので、研ぎやすく良い刃を付けることが可能です。 越前打刃物ならではのこの方法は、全国の産地で一般的に行われている「平置法」の製品に比べて、鍛造技術の上で相当の熟練を要し、製品ははるかに優秀です。

製造工程をみる

農園芸用品一覧をみる